ブログ

HOME» ブログ »工務店経営者の皆様、環境変化を予測していますか?

ブログ

工務店経営者の皆様、環境変化を予測していますか?

本日は経産省の来年度概算要求から見えてくる次世代エネルギーについて

 

来年度も、ZEH、ZEH+、グリーン化は今年度より少し上乗せで概算要求が出ています。

この補助金を使うにはZEHは1月2月の契約から5月の申請へつなげる先手が必要です。

 

次世代のエネルギー設備で家づくりはどんな風に変わっていくと予測していますか?

 

概算要求の概要をみると、国が期待する次世代のエネルギー技術事情が見えてきます。

ひとつは、蓄電池亜鉛空気電池です!

もう一つはペロブスカイト太陽電池です!

いつしか、着ている服が太陽電池服なんかできる日もあるかもしれません。

来年は「2019年問題」、2009年11月から太陽光発電の「再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)」による電気の買取がスタートした家庭が、買取期間10年の保証期間の満了を迎えます。なんと、2019年度末までに買取期間が終了する対象家庭は約56万世帯と言われていますが、少しづつ蓄電池を購入しはじめているみたいです。

昨年の蓄電池の出荷台数は約46000台ですが、約56万世帯の20%が蓄電池を導入したら、

もう生産能力が追いつけるかわからない数です。

ここには、ビジネスチャンスがあるかもしれません。

リフォームアフターフィットでの蓄電池販売は、太陽光発電で最大恩恵を受けた初年度組にどのようにアプローチかければよいと思いますか?

お問い合せは、ジャーブネット事務局へお気軽にお問い合せ下さい。

 

2018/10/12

ブログ

HOME

永代ビルダー塾からのお知らせ

工務店に役立つセミナー

永代ビルダー塾について

ジャーブネットとは

資料請求・お問合せ

塾生の声

お問合せ

JAHBnet
        facebook

メルマガ会員登録

管理画面