ブログ

HOME» ブログ »ブランディングで目指すもの

ブログ

ブランディングで目指すもの

 

・競合会社以上に魅力的なアピールができていない。
・伝えたいことが一方通行になっている。
・既存のホームページやパンフレットがうまく機能していない。
・集客や営業の結果がなかなかでない。

などといったPR業務や販促活動の悩みを抱えていませんか?


今回は「ブランディングで目指すもの」について少しお話します。


あなたも聞いたことがあるかもしれませんが、「PRの立て直しはブランディングから」

ということが定説となりつつある時流の中で、実際に、既にブランディングとしては

進めているという声を耳にします。


ところが、その内容は・・・
・社名-ネーミングの改変
・ロゴ-デザインのリニューアル
・ブランドキャラクターの開発
・広告の販促ツールでのキャッチコピーや訴求イメージ変更
・製品やサービス、販売ルート見直し
・企業理念や社内への啓蒙手段の再検討

などです。


どれも大切なことではありますが、その解釈が多種多様に拡散断片的な

ことにお気づきでしょうか?

広く過剰気味に浸透している一方で、その理解のされ方や使われ方に

かなりの個人差があるのが実情です。


では、ブランディングで目指すものは?


ブランディング活動の主体はもちろん自分たちですが、

ユーザーありきということを忘れてはいけません。


活動の対象者であるユーザーの目線や気持ちが何よりも大切で、

最優先の起点なのです。

つまり、ブランディングで目指すものとはユーザーとのコミュニケーションを

最適な状態にすることです。


上手く推進できれば、そこには共感が生まれます。

結果、ユーザーが期待するいいコミュニケーションを成立させ、

ファン獲得に大きく前進するのです。


次回は、「ユーザーの視点」についてお話します。

 

 


  2014/08/26

ブログ

HOME

永代ビルダー塾からのお知らせ

工務店に役立つセミナー

永代ビルダー塾について

ジャーブネットとは

資料請求・お問合せ

塾生の声

お問合せ

JAHBnet
        facebook

メルマガ会員登録

管理画面