ブログ

HOME» ブログ »住まいづくりの”きっかけ”は潜在ニーズの掘り起こしから

ブログ

住まいづくりの”きっかけ”は潜在ニーズの掘り起こしから




私たちは住宅の依頼を受けた際、ご家族の理想の生活はどのようなものか問答をします。


私たちの生活は、今の時代においても、地域社会との関わりが絶対避けられません。


家を建てようとしているご家族も、近所や施設や商店街と関わるのです。


そこでどう関わっていきたいのかという価値観が住まいづくりの重要なポイントになります。


よくある会話を紹介します。


「今は忙しいけど将来は〇〇をしたい」とほぼ全員の方がお話されます。


それは、地域との関係をつくるのは今は難しいけど、将来は関わっていきたい

という気持ちのあらわれでしょう。


煩わしいから今は要らないが、歳を取ればいつかは必要になる。

多くの人が最低限そう考えます。


それぞれのご家族によって違いますが、仕事中心の主人の居場所は職場と家です。


そこにご主人自身の存在意義があるわけですが、これに対して専業主婦の居場所は

いつも家で、ご主人や子供の支援的な存在になっています。


人は目的や目標、存在意義がないと、多くの場合、生き甲斐を感じられません。


そこに、日常生活における個々の潜在ニーズがあります。


住まいづくりをきっかけに潜在ニーズを掘り起こす作業も我々なのです。


2014/06/03

ブログ

HOME

永代ビルダー塾からのお知らせ

工務店に役立つセミナー

永代ビルダー塾について

ジャーブネットとは

資料請求・お問合せ

塾生の声

お問合せ

JAHBnet
        facebook

メルマガ会員登録

管理画面