ブログ

HOME» ブログ »中古住宅が新築住宅と並ぶ!?

ブログ

中古住宅が新築住宅と並ぶ!?

 

 


新築住宅販売に関して、脅威となってきている分野があります。

それは、中古住宅の取引が上昇しているということです。

工務店やビルダーにとっては目を背けることなく事実を受け止めなくて

はなりません。




消費増税をはじめとする本格的な負担増時代を背景に、この動きは

地方部へも広がっていくと見られます。

なぜ、中古住宅取引が上昇してきているのでしょうか?



それは、建物検査の認知度がここへきて急速に上昇しているからです。

最近、このような言葉を耳にすることはないでしょうか?

 


「インスペクション」という言葉です。

 


住宅診断と考えていただければ分かり易いかもしれませんね。

・欠陥住宅ではないか?

・いつごろ、どこに、いくらくらいのお金がかかるのか?

・あと何年くらいもつのか?

上記のような内容が、中古住宅の取引時に分かるようになったのです。


 

これは、中古住宅取引の際に生活者が最も気にしていることでしたが、

今までの日本の中古住宅では、劣化度合いや品質・性能に関する情報が

少なく、どのような状態か分からず購入するケースや、状態が分からない

ので購入を見送ったというケースが見られました。

 


そのため国は、取引時に建物の状態を検査する「インスペクション」の

普及を図ったのです。

ガイドラインを策定し、検査の手順や手法を標準化。

また、同時に「インスペクション」に対する補助を行い、普及を後押し

しているのです。

 


実際に「インスペクション」の認知度はこの1年で大きく上昇しています。

新築住宅と中古住宅とではターゲットが違うと考えることは簡単です。

しかし、そんな時代はもう終わったのです。

実際に、新築住宅購入の際は中古住宅を並行して検討されることが多い

のです。

 


同じ土俵で並ばれた場合、あなたの会社が提供している新築戸建住宅は

どのようなメリットがありますか?

また、どのような提案でお客様のオファーに応えられますか?

 


1つでも、中古戸建住宅に劣っているものがあれば、それは、あなたの

会社が選ばれない要素の1つにとなります。

あなたの会社が選ばれる理由、そして、選ばれずに負けてしまう理由を

考えることは、自社の強みと弱み、付加価値を考えることになるのでは

ないでしょうか。

 


工務店・ビルダー経営者の皆さんは、これからは中古住宅も競合相手

として視野に入れ、より優れた提案ができるよう日々ブラッシュアップ

していってください。

 


 


 






2014/05/05

ブログ

HOME

永代ビルダー塾からのお知らせ

工務店に役立つセミナー

永代ビルダー塾について

ジャーブネットとは

資料請求・お問合せ

塾生の声

お問合せ

JAHBnet
        facebook

メルマガ会員登録

管理画面