ブログ

HOME» ブログ »「新しい中間層」について考えてみましょう

ブログ

「新しい中間層」について考えてみましょう




「新しい中間層」とは、これまでと違う価値観で生活・仕事・消費をする高感度の

中間所得層です。その中心は30代の世代です。

また、この世代は軸に「自分なりに考える」ということが強い層といえます。

 


まず、ざっくりとしたイメージをお伝えします。

 

・小さくても自分の会社や店を持つか、企画・マーケティング・教育・クリエイティブ系の

仕事に就き、「価値観」や「意味」を人生と消費の物差しにしている。

・週末は自己投資や第二の自分(趣味など)と家庭をバランスさせて過ごす

(過ごしたいと考えている)。

 


こうした人々を「新しい中間層」といいます。

そんな彼らにとって「意味」は重要です。

 


仕事で言えば、「社会的な意味」や「自分がその仕事をする意味」を求め、腑に落ちないと

モチベーションが上がりませんが、逆に腑に落ちれば、時間やお金や場所に関係なく

意欲をもって働く傾向があります。

 


「価値観」は、何を良いと思うか悪いと思うか、素敵と思うか素敵ではないと思うかといった

判断の物差しです。

特にこの層は、「三方良し」「ワクワク感」という価値観を重視しているように見えます。

「三方良し」とは、①売り手 ②買い手 ③世間 のそれぞれにメリットがあるかどうかで、

「ワクワク感」は心が動くかどうかです。

 


今回、一番お伝えしたいことは、「新しい中間層」は消費の際にも「意味」や「価値観」を

重視しているということです。

この部分に訴えかけなくては、「新しい中間層」には響きません。

 


あなたの会社は、この層に響く「意味」や「価値観」を提供し、顧客にすることができますか?

 



 


******************************************

「日本ぐらし館」木の文化研究会第三回シンポジウム ~住まい手からみる木造住宅の未来~

4月19日(大阪) 開催「日本ぐらし館」木の文化研究会」
第三回シンポジウム「住まい手からみる木造住宅の未来」開催のご案内

開催概要・お申込ににつきましては、下記をご確認ください。


大阪会場
http://www.eidai-academy.jp/_file/osaka.pdf 

 

2014/04/14

ブログ

HOME

永代ビルダー塾からのお知らせ

工務店に役立つセミナー

永代ビルダー塾について

ジャーブネットとは

資料請求・お問合せ

塾生の声

お問合せ

JAHBnet
        facebook

メルマガ会員登録

管理画面